FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【質問回答】大学生からのキャリアの質問

遠い昔にある大学生から掲示板に質問を戴いていたのですが、最近までどたばたしていたので、今頃回答してしまいました。スミマセン・・・。まだ見てくれていたらいいのですが・・・



----------------
はじめまして。
masahさんの大学時代ご友人だった方から当サイトをご紹介いただきました。このような質問掲示板がありとても嬉しく思います。

私は現在大学3年生で将来国際協力に携わりたいと思っております。そのため最近になって、イギリスの大学院で開発学を学びに行こうと決心しました。

将来やりたい事は、まだ漠然としていますが、開発学の専門性を生かしてODAのプロジェクトを実行するまでの橋渡しができるようなお仕事をしたいと考えています。政府機関(jicaなど)が理想ですが、専門性を行かせる民間コンサルなどの一般企業も視野にいれています。

私の理想のビジョンは
大学院で専門性→NGO/協力隊/民間コンサルなどで実務経験→政府機関や企業で専門性を生かして働く
というものです。しかしあくまで理想でまだまだわかないことだらけです。
特にこの政府機関などは狭き門だと思いますし、父もせっかく院までいかせて将来はどうなるのかわからないようでは不安なようで、もしよろしければ知っていることをお聞きしたいです。

また、在学中や院で就学中にもできる現場経験や社会経験としてなにかおすすめするものはありますでしょうか。

よろしくお願いいたします。
---------------

その後色々とやりとりがあって、下記のように回答しました。

詳しい内容はこちら


--------------------------
よくお調べになっているようで、この調子でどんどん、開発分野ではどういった仕事があるのか、開発分野の人はどういった生活を送っているのか、本や雑誌、ウェブ、生身の人から情報を集めていくといいかと思います。

最初に、質問にお答えしますね。

>大学院で専門性→NGO/協力隊/民間コンサルなどで実務経験→政府機関や企業で専門性を生かして働く
というものです。

→とてもいいと思います!

>待遇はよく女性にとって働きやすく長く続けていける安定した職場だと思い魅力的です。(これはjica以外の政府機関にもいえると思います)

→おっしゃるように、安定している職は、やはり国内の政府機関です。その中で、さらに国際開発の仕事を専門的にできるのは、JICA・JBIC・外務省・JETRO・財団位だと思います。ただ、競争は激しいですが、本気で準備して受ければ合格しますので、頑張ってください!

あと国際機関でも早めにキャリアをスタートして早めにポストを確保すれば、国内機関よりも、キャリアとプライベートライフを両立できやすいと個人的には思っています。


>また、在学中や院で就学中にもできる現場経験や社会経験としてなにかおすすめするものはありますでしょうか。

→第二外国語のマスター、数ヶ月でもいいので途上国に住んで何かしてみる、あと仰っているように、NGOのボランティアでもいいと思います。



あと、いくつか論点があるので、分けてお答えしますね。


1.開発の世界で正解というキャリアパスはない
というと途方にくれるかもしれませんが、裏をかえせば自分勝手に形成できます。

また、新卒を逃したらアウトみたいな日本の訳の分からない就職活動とは違って、能力と想いがあれば何歳からでもスタートできます(ただし若い頃にスタートしたほうが断然有利)。


2.将来どうなるか分からない、という不安はなくならない
究極的に言えば、これはずっとなくなりません。日本での就職でもそれは言えますし、海外であれば終身雇用ではないのでより不確実性(リスク)は大きくなります。

転職を重ねていけるかどうか、留学後に政府機関に入れるかどうか、結婚して安定した生活を送れるかどうか、そんななことは誰にも分かりません。

ただ、それを「つらい」と捉えるかどうかは人によります。20年先の見通しのつく「安定」した生活を、「素晴らしい」と捉える人もいれば、「退屈」と感じる人もいます。私は、後者でした。

ケーキに好みがあるように、生き方にも好みがあります。(だから、一様に「若者は海外へ!」と念仏のように唱えるのは、意味がないと思っています。)先の読みにくい生き方が好きなら、そんな生き方をするのがいいかと思います。

(分かりやすくするために、極論で書きますが)若い頃に付けた自分の学歴や会社歴で判断されるのではなくて(典型的な日本の安定生活と想定して)、開発の世界は現在の自分の実力で評価されます(特に海外機関では)。ですから、キャリアのために何歳になっても自己研鑽をし道を拓いていく、そんな生き方が求められます。もちろんそれを支えてくれる、パートナーや家族の存在はとてもありがたいです。

これは大変に聞こえるかもしれませんが、こんな刺激的な人生はありません。常に熱意(パッション)を持って成長できる。常に、使命(ミッション)を意識して仕事をする。

親御さんがご心配されるのは、ひょっとするとYukariさんの決意が固まっていないからかもしれません。決意が固まっていれば、家族は理解してくれます。

あと理解してくれないヒトもいるかと思います。例えば、大学院に行って結婚大丈夫なの?とか、女性で院まで良く必要あるの?とか。

それはありがたい意見かもしれませんが、今の自分には必要ないと思ってそんな意見は思い切って切り捨てる勇気も必要です。

大切な事は、自分の内なる声を真摯に聞き、考え、それに素直に生きることではないかと思っています。


2. キャリアとプライベートライフのバランスは人次第(だと思う)
これはとても大切なことだと思います。

おっしゃるとおり難しいです。ただ、「この分野で働く女性で20代の間に↑のようになる方は見たことがないと」言われたようですが、私の周りの国際機関で働く女性でも10人に1人くらいは、20代で結婚しているかと思います。(多分・・・)

また、JICAや国内の政府機関等であればもっとその率は高いと思います。

さらに朗報は、外国人であれば20代で結婚していてキャリアも両立、なんてヒトはゴロゴロたくさんいますので、心配ないです。要は、理解のあるヒトを捕まえられるかどうかです。それは別にこの世界に限ったことではないと個人的には思っています。(まぁでもこの辺はより詳しい女性に聞いたほうがいいかもしれません)

また何かあれば連絡下さい。

-----------------------------------

免責事項:ちなみに私は経験が1年の駆け出しですので、より洞察に満ちた意見は経験豊富な方に聞いてください。
スポンサーサイト



| キャリア | 23時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【質問】国内と海外の大学院どちらがいいですか?

掲示板に下のような質問を頂いてので更新しました。

---------------
国内の大学院or海外の大学院

はじめまして。
いつもブログを拝見させていただいています。
私も進路相談のようになってしまうのですが、質問させてください。
私は現在大学4年生で、アメリカに一年留学していました。将来は国際開発分野、主に教育開発の道に進もうと考えています。就職としては、国際機関をはじめ、開発コンサルやNGOなど広く考えています。
現時点では、どちらにもapplyしようと考えていますが、実際に自分のキャリアにどう働いてくるのか、どちらが有利になってくるのかなど、いまいちピンと来ていません。
masahさんは日本と海外の大学院に行かれていたということで、それぞれのメリットやデメリットなどはありましたでしょうか。また国際機関で働くにあたっては、やはり海外大学院の方がいいのでしょうか。
----------------

| キャリア | 01時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【質問】大学院/就職/海外ボランティア経験、どれをしようか迷っています

大学三年生から、タブにある「Q&A」に質問が来ていたので、掲示板に回答を載せています。

質問は、「卒業後に、大学院/就職/海外ボランティア経験どれをしようか迷っています」という趣旨です。

| キャリア | 01時05分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

将来開発業界で働くには、東大がいいかICUがいいか?

高校生3年生から質問が来ていました。

質問は、かいつまんで言うと、

「大学受験を控えて、今第一志望としては東京大学文科二類を志望しており、その後経済学部に進みたいと思っているのですが、併願校としてICUを考えています。ICUでは開発学を学びたいです。どっちが開発業界、特に国際機関で働くには有利ですか?」

です。

相談相手の方が高校3年生ということを念頭において以下に回答しておきます。

結論から言うと、学部の際には勉強したいものを学んでおくことが一番いいかと思います。ですので、東大でもICUでもどちらでも大丈夫です。

開発業界では、経済学をやっている人も重宝されますし、開発学を学んだ人も活躍しています。ですので、どちらの学問が有利ということはないです。向き不向きもあるかと思います。

もちろん、語学力をつけるにはICUのカリキュラムや環境のほうが向いているかもしれません。英語を集中的に学び、英語を道具して学んでいく環境は整っているかと思います。また、仰るように東大でもICUよりは少ないかも知れませんが、留学したりすることで語学力や海外での経験を自分で実力を養うことができるかと思います。

ちなみに、国際機関で働くには大学院を出ていることは必須です。経済学だと、博士課程まで行っておくといいと言われています。一方で、開発学などは修士号保持者が主です。

最後に個人的な意見を書いておくと(あなたの個人的な興味などを無視して)、大学の学部課程では、体系化された学問を学んでおいたほうが後から便利かもしれません(要するに今回であれば経済学)。なぜかというと、大学で体系化された学問を習得した上で、開発学のような学際的な学問を大学院で学んだほうが学習効果が高い気がするからです。(もちろん、今学部で学際的な勉強をしている人が困るということは全くないです。個人個人で異なりますので)


詳細な質問は以下に。

----------
コメントというよりは相談させていただきたいのですが・・・
今高校三年の者です。
大学受験を控えて、今第一志望としては東京大学文科二類を志望しており、その後経済学部に進みたいと思っているのですが、併願校としてICUを考 えています。東大に行き経済学部に行ったら、開発経済を学び、開発経済を学べる院に行きたいと考えていたのですが、もうすこし経済学だけにとらわれない開 発を学びたい気持ちもあります。ICUには開発学を学べる環境があり、外国語教育も充実しています。将来国際機関で働く際、大学院を出ていることは大事だ と聞いたので院には進みたいのですが、海外の院に進んだりすることも考慮すると、その前の大学の段階で、海外での実地経験や高い語学力が身に付いているこ とが大事だと思え、それには併願としているICUのほうが環境が整っているように思えています・・。海外での経験や語学力は自力で身につけることとし、経 済学をより学べる東京大学を第一志望としていた方がよいでしょうか・・?またそのまま開発経済を院でも学び続け、専門家になったほうが就職しやすいのか、 今の開発業界において、開発学を広くやっているよりは経済学に精通していたほうが有利なのかもできたら伺いたいです。
もう大学に入っているか卒業した方々に向けて記事を書かれていると思うので大変恐縮なのですが・・・回答頂けると嬉しいです。
乱文失礼しました。
--------------

| キャリア | 23時18分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねっとわーきんぐ

ワシントンDCはネットワーキングの町と言われています。国際機関だとなおさら必要だと言われています。

ニューヨークと比べて、ワシントンDCは、目標を明確に定めて、確実に目標を達成してきた人たちが集まっている気がします(定めただけではなく達成してきたという辺がニューヨークと違う)。

ですので、常にDCの人たちはパーティーでもビジネス(と言っても商売というわけではなくて、仕事という意味)を視野に入れて、ネットワーキングをしている気がします。

うちの組織でもキャリア相談のために、知らない人とコーヒーを飲むということは日常茶飯事で、常に「そしたら今度コーヒーね」という会話をしています。

私は目的もなくただキャリアの相談に乗ってもらったり、自分を売り込んだりする効果には懐疑的でした(そして今も)。そもそも、人見知りだし話す内容もそれほど思いつかないし、相手にとっても迷惑ではないかと思っていました。

以前相談に乗っていただいたシニアの方に、「コーヒーをして色々な人に知り合っておいた方がいい」と言われ、ちょっと考えを改めようと思ったりもしましたが、なかなか行動に移せませんでした。

ところが、最近ブログを通じて知り合った人と会ったりして、こちら側がキャリアの相談に乗ったりするのは結構楽しくて、何よりも自分の姿勢も整えることができるということに気がつきました。そしたら、同じように自分も相談にのってもらっても、相手の方は楽しいかもしれない、もしくは、楽しんでもらえばいいじゃんと考えるようになってきました。

自分が相談にのったときのことを考えると、相談にのってもらうときには事前にきちんと調べておいて、質問も具体的に5つほどは準備しておいた方が、会話がなくならずにいいんのではないかと思っています。

ここまで分かっているのなら、さぁ、あとは行動のみ←これがなかなか笑

て、書いていて気がついたけれど、あっ、そういえばこないだは人事の方にお願いして、コーヒーしてもらいました!

| キャリア | 00時12分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界銀行JPOの応募要項を見て思うこと

キャリアチェンジする際には職種か業種はどちらかそのままで

世界銀行がJPOを募集しています。とても専門性が高いようです。ちなみに今日が締切です。

募集要項では、フランス語必須、できたら博士号が望ましい、途上国経験があった方がいい、30歳以下を優遇、と言った言葉並びます。

これらを見ていて、そして最近気がついたことは、結局この業界、他の業界と同じく、早くキャリアをスタートした方が断然有利ということです。

もちろん仕事の能力とか、論理力とか、語学力とかも大切ですが、いかに早く開発分野に足をつっこんだかが(少なくともエントリー時点では)相当に重要なファクターになるのではないかということです(数十年といったように長い目でみればたぶん別)。足をつっこむというのは、勉強を始めるとか、仕事を始めるとか、小さなところで言えば、ボランティアを始めるとか、要するにスイッチをオンにするということです。

まぁ、考えてみれば当然です。

今まで他の業界にいたヒトが、ひょっこり来て、ほいそれとうまく行くかというとうまくいかない業界の方が多いでしょう。

日本でも、保険業界で営業をしていたヒトが、IT業界で営業できるかというと、こつをつかむのに時間がかかりそうです。業界知識なるものが存在するからです。

おまけに、業界のみならず職種まで変えてしまったら大変です。例えば、さっきの例だと、保険業界の営業からIT業界のSEとか。慣れるまでには数年かかりそうです。

それは、開発業界にも当てはまります。ですので、業界を変える人は、職種を変えようとしないことが大切な気がします。銀行で働いていた人は、そのまま開発業界に来ても金融がいいでしょう。

もちろん、スーパー優秀であれば別で、ほいそれと業界と職種両方キャリア転換出来る人もいますが、凡人には時間がかかります。

それが、私が時間がかかって分かったことです。

| キャリア | 23時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロジェクトのレビューをして、キャリアのことも整理できた

今日は、やっぱり仕事をするにはPhDが必要かもしれないと思いました。

本日は金曜日なのですが、夜はオフィスで他の人のプロジェクトのレビューをしていました。学界のレビューのシステムと似ていて、うちの会社には社内のプロジェクトやリサーチを同僚や外部の人がレビューするというシステムが根付いています。

で、この作業をしていたのですが、これがとても楽しめる!もちろん、人のプロジェクトだから他人事で気楽という要素があるのかもしれませんが、それを差し引いたとしても面白いのです。

なぜか?

恐らく、他人のために、自己の知識や分析能力を生かすことができるからではないかと思います。そう考えると、やはり、自分の専門性がしっかりしていることはとても大切な気がします。なぜならば、専門性がなければ人から頼られることが少なくなるからです。そう考えると、専門性はどうやってつけるべきかという問いに立ち戻ってきます。

その答えは大きく分けると2つあって、1つは実地の経験を積む、もう一つは学問を積む、です。で、やっぱり自分はPhDを終わらせる過程でしっかりトレーニングを受けて、分析能力と研究能力を高めることが必要ではないかという認識に立ちかえりました。

そう決心がついたので、ここ2週間踏み込めなかったことがあるのですが、それを実行に移そうかと思います。

| キャリア | 02時12分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際機関への就職活動―カバーレターの基本―

カバーレターの書き方。

前回に引き続き、他の人から頼まれた際に気がついたことで、今回はカバーレターです。カバーレターは就職活動の際にはとても重要なものとみなされています。形式的なことに加えて、志望動機を書き、自己PRを書くことが多いのではないかと思います。

で、複数の人のカバーレターを見ていて気がついたのは、Why me?という売り込みはあるけれど、why 志望先(今回はUNDPということにします)?ということについて書いていない人が多いです。

つまり、自分は○○をやってきた。○○を勉強してきた、という売り込みは皆さんしっかりしますが、なぜUNDPがいいのか、といった点には触れていないのです。

自分のやりたいこと・キャリア目標があって、それを達成するには、UNDPがベストだ、という書き方をしなければならないのですが、きちんと自分の希望する分野でUNDPがどういった仕事をしているか調べていないと、何を書けばいいのか分からないことになってしまいます。

カバーレターは志望先へのラブレーターみたいなものですが、Why UNDPが抜けてしまうと、変なラブレターになってしまいます。なぜかというと、以下に自分がいいのか、ということだけを売り込んだナルシストの文章だからです。そうではなくて、志望先がなぜ自分にとっていいのか、についてきちんと書かないとバランスが取れないことになってしまいます。

| キャリア | 00時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT