FC2ブログ

≫ EDIT

友人からのイベント情報

皆さんお久しぶりです。ほぼ半年ぶりです。近々、コロンビアブログとこのブログをまとめようと思っています。

今回は友人からいただいたイベント情報の紹介です。スピーカーの方に人生最大規模の影響を受けたという友人が複数います。私も参加したいところですが、アメリカにいるので残念・・・。参加する方、どなたかコメント欄でどうだったかなど教えていただけると嬉しいです。

(以下、転送歓迎)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ロシナンテス東京講演会
「スーダン・東日本大震災 ~光を求め続けて~」
6月4日(土)13:00~
武田先端知ビル・武田ホール@東京大学浅野キャンパス

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

6月4日(土)に、アフリカ・スーダン、及び宮城県名取市・岩沼市で活動する、
NPO法人ロシナンテス代表理事 川原尚行の東京講演会を開催いたします。

外務省の医務官として赴任したスーダン、続く内戦で厳しい生活をしいられる人々を見て、
医師として何かできないかと外務省を退職し、NPO法人ロシナンテスを設立、家族を日本
に残して、スーダンでNGOとして活動を始めました。
その活動は医療にとどまらず、現在では、学校・教育事業、水・衛生事業、交流事業、
スポーツ事業と幅広い分野にわたって総合的に取り組んでいます。

また、本年3月11日の東日本大震災に際し偶然東京に一時帰国していた川原は、
そのまま被災地に向かい、名取市・岩沼市において医療支援活動を開始しました。
医療活動は地元の医療機関に引き継ぎましたが、被災民の依頼もあり、仮設住宅内の
健康管理を行っています。
また、子供たちをの勉強を補助やスポーツ活動などを行う寺小屋事業、そして造園業者と
協同してのガレキ撤去、ドロ除去などの支援活動を行っています。

その精力的な活動は、日本の多くのメディアにも取り上げられてきました。
最近では、日本テレビ「行列のできる法律相談所」や「深イイ話」で、ロシナンテスと
川原尚行の活動が1時間の特集で紹介されました。

今回の東京講演会では、スーダン・東北でのロシナンテスの最近の取り組みや、
川原尚行がスーダン・および東北での暮らしで見つけた、苦境の中の人々の輝きに
焦点をあてて、「スーダン・東日本大震災 ~光を求め続けて~」というテーマ
のもとお話しします。


●時間:6月4日(土)13:00~ (受付 12:30~)
 ※13時には講演会が開始しますので、お時間に余裕を持って会場へお越し下さい。

●会場:武田先端知ビル・武田ホール(東京大学浅野キャンパス)
東京メトロ千代田線 根津駅下車(1番出口)徒歩5分
東京メトロ南北線 東大前駅下車(1番出口)徒歩10分
http://www.vdec.u-tokyo.ac.jp/Guide/access.html

●参加費:無料

●定員:339名

●プログラム
12:30 受付開始
13:00 開会
13:05 講演:「スーダン・東日本大震災 ~光を求め続けて~」
14:30 閉会


【プロフィール】

■川原尚行(NPO法人ロシナンテス・代表理事)
1965年福岡県北九州市に生まれる。
高校、大学時代はラグビーに没頭し、主将を務める。
医学の道を志し、九州大学医学部へ進学。
1998年外務省入省、在タンザニア日本国大使館医務官として赴任。
2002年在スーダン日本国大使館へ医務官として赴任し
スーダンの現状を目の当たりにする。
2005年1月外務省退職を決意し、同年4月よりスーダンにて医療活動を開始。
2007年にはスーダン ガダーレフ州シェリフ・ハサバッラ村に診療所を開設。
2010年3月より、宮城県名取市・岩沼市にて、医療支援・瓦礫撤去作業を開始。
現在はスーダンと宮城県を往復し、両地域の復興に向けて尽力している。

NPO法人ロシナンテス
http://www.rocinantes.org/


●●●お申し込み●●●
https://ss1.coressl.jp/kokucheese.com/event/entry/11891/
(お申込フォームより送信してください)

*本講演会は事前にお申込が必要となります。
定員になり次第、お申込を締め切らせて頂きますのでお早めにお申込ください。

[お問い合わせ]
東京大学国際交流機構(UT-IRIS) 担当:宮内
y.miyauchi@ut-iris.org
http://ut-iris.org/
スポンサーサイト



| セミナー | 17時08分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際機関の限界とその他のセクターと大切なこと(と私が思うこと)

途上国開発に対して、国際機関ができることは限られています。万能な機関なんてそもそもあるはずがないです。

国際機関は欠点もたくさんあります。メディアを通じて、官僚主義、前例踏襲主義、無駄な経費など、たくさん弊害があると聞いています。

また、同じように企業やNGO、途上国政府ができることも限られています。BOPが全ての問題を解決するはずもありません。

それは、日本政府が日本社会にできることは限られていていること、企業だけでも日本社会が豊かにならないことを考えるならば、当然です。

大切な事は、

全てのセクターを健全に発展させること、
現地の人たちの意思決定を尊重すること、
イニシアティブをとれる人をたくさん創ること、


だと私は思います。

これは、途上国でも日本社会でも当てはまることだと思っています。ですので、究極的には、途上国の問題に取り組むことと日本社会の問題に取り組むことは同じだと思っています。

| 独り言 | 00時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンガポールの政策

ワールドビジネスサテライトの特集を観ました。

海外での人争奪戦で、シンガポールとフィリピンが取り上げられていました。シンガポールは欧米のMBAの分校を誘致したり、幹部候補生の研修施設を作ったりしている施策が取り上げられていました。

日米両方のマスコミでは、最近シンガポールがよく注目を浴びている気がします。アジアで一人当たりGDP一位は、日本ではなくてシンガポールだったりします。ウィキでのランキング

税制度優遇措置や移民政策を活用し、金融政策で注目されているのではないかと理解していますが、で、日本でもシンガポールに負けるなーと言わんばかりの論調もあります。

個人的によく分からないのは、確かに都市政策としては模範となるかもしれないけれど、国レベルで参考になるのかという点です。

どうなんでしょうか・・・

ちなみに、WBSのリンク先の、日本郵船がフィリピンに大学?を設立して、船員を育成していた話は興味深かったです。

| 開発 | 01時15分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の世界銀行への出資比率

日本はお金も出せない国になったのだろうか?

4 月の世銀・IMFの合同開発会議で、出資比率(投票権に連動している)の歴史的改革が行われました。新興国・途上国の出資比率合計を、44%から47%に引き上げて、中国の出資比率も約3%から約4%に引き上げることを承認したのです。

結果、中国は、米国(16%)、日本(7%)に次ぐ第3位の出資国に浮上。日本は加盟国中で最大の下げ量になりました。詳しくは産経ビズの記事へ

僕は、これは事件だと思います。世銀の投票権は出資比率に連動しているので、今回の決定で、「日本は一番だまっていなさい」と言われたか、「日本は世界のことにはあまり興味がありません」と意思表明したことにならないかと危惧しているからです。

この背景が、そもそも日本が出資できなかったのか、また、国際政治の勢力争いに負けて出資したかったけれどもできなかったのかは、僕はまだ分かりません。

ただ、今まで「お金はだしていたけれども人を出さない」と言われてきた日本は、ついに人を送り出さないだけではなく、お金も出さなくなったとしたら歴史の転換点だなと私は思います。

もちろん、国内の財政は厳しいので、国際機関への出資を控えてでもお金を配分すべき国内問題があるという意見もあるかと思います。

資源の配分は常に難しいのですが、私は国際機関や国際情勢への窓口は開いていたほうが、日本のためになるのではないかと思っています。日本は貿易立国だからという意見は、ありきたりではあるけれども、妥当性があるようにも感じます。

それ以上に、国際機関への出資を、先進国が途上国への「施し」を行う援助という一面のみしか捉えていなかったとしたら、日本は道を踏み外すかもしれないと危惧しています。

続きは明日(多分)
続きはまた今度(2010年7月27日修正)

| 社会・ニュース | 00時09分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

将来のリーダーをどう見つけ出すのか?

将来リーダーになるヒトを今から見つけ出すのは難しいのか?

今日仕事をしていて気がついたのは、途上国の市町村でどういった人が将来リーダーになっていくのかぴんとこない、ということです。

今現在リーダーシップを発揮している人(市長とか)には会うチャンスはあるのですが、将来的なことを考えると10年、20年後に、リーダーになるような人のミッションを今支えていくのも大切な気がします。だから、将来のリーダーを探すことは価値あることだと思っています。

もちろん、自分が年をとって10年後とかに、今の自分の友人とか知り合いが成長して、その中から、「あー、こういう人がリーダーになるのだね」って分かるのかもしれないけれど、それでは遅い気もします。

なんで、上のようなことを考えるようになったかというと、政策とか開発とか言っても、究極は変革を起こせるヒトをどの位産出できるかで、その組織、自治体、国の運命が変わってくるのではないかと思い始めたからです。経済学とか政策学を少しかじって、国際機関でちょこっと働いているときに感じたことです。

そういえば、世銀の元副総裁の西水さんも、世銀の仕事は、融資を通じて、今のそして将来のリーダーたちを支援することだと、著書で書かれていた気がします。

| 開発 | 01時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |