FC2ブログ

≫ EDIT

国際機関の限界とその他のセクターと大切なこと(と私が思うこと)

途上国開発に対して、国際機関ができることは限られています。万能な機関なんてそもそもあるはずがないです。

国際機関は欠点もたくさんあります。メディアを通じて、官僚主義、前例踏襲主義、無駄な経費など、たくさん弊害があると聞いています。

また、同じように企業やNGO、途上国政府ができることも限られています。BOPが全ての問題を解決するはずもありません。

それは、日本政府が日本社会にできることは限られていていること、企業だけでも日本社会が豊かにならないことを考えるならば、当然です。

大切な事は、

全てのセクターを健全に発展させること、
現地の人たちの意思決定を尊重すること、
イニシアティブをとれる人をたくさん創ること、


だと私は思います。

これは、途上国でも日本社会でも当てはまることだと思っています。ですので、究極的には、途上国の問題に取り組むことと日本社会の問題に取り組むことは同じだと思っています。
スポンサーサイト



| 独り言 | 00時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実務と研究の両立できる職種ってあるのか

やっぱり物事を知っているだけでは何にもならない気がします。

Mary Beardというイギリスの教授は、Action without study is fatal. Study without action is futile.(学習を伴わない行動は致命的である。行動を伴わない学習は無益である)と言ったそうですが、本当にそうだなと思います。

私は、知識だけだと面白いとは全く思わないし、正直虚しく感じることすらあります。だから、大学では理論よりも応用に近い分野を専攻しました。今の働いている組織も、行動だけはなく研究や「学習」も強いと見なされている組織です。

ただ、それでも職種で制限されてきます。いくら「アクション」を伴なう実務組織に居ても、職種によっては完璧に「机上の空論」みたいなことをやったりもするわけです。それにちょっと疑問を覚える自分がいることも確かです。

ひとりの人間が両方やるのって難しいのだろうかと思う今日この頃です。

| 独り言 | 01時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンガポールの政策

ワールドビジネスサテライトの特集を観ました。

海外での人争奪戦で、シンガポールとフィリピンが取り上げられていました。シンガポールは欧米のMBAの分校を誘致したり、幹部候補生の研修施設を作ったりしている施策が取り上げられていました。

日米両方のマスコミでは、最近シンガポールがよく注目を浴びている気がします。アジアで一人当たりGDP一位は、日本ではなくてシンガポールだったりします。ウィキでのランキング

税制度優遇措置や移民政策を活用し、金融政策で注目されているのではないかと理解していますが、で、日本でもシンガポールに負けるなーと言わんばかりの論調もあります。

個人的によく分からないのは、確かに都市政策としては模範となるかもしれないけれど、国レベルで参考になるのかという点です。

どうなんでしょうか・・・

ちなみに、WBSのリンク先の、日本郵船がフィリピンに大学?を設立して、船員を育成していた話は興味深かったです。

| 開発 | 01時15分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

働いているとブログの更新が滞ることについて

全然話は変わるけれど、働いているとブログの更新の数が減るのは何でなのだろうか。

今まで留学している人のブログを読んでいて、その方々が就職して働き始めるとブログの更新回数が減るのを不思議に思っていた。で、自分は就職してもブログを更新していけるだろうと思っていた。

が、

実際働き始めると結構ブログを書けなくなっている自分に気がついた。そもそも、(前から薄っぺらいことしか書いていなかったのに)さらに内容が薄くなってきている気がする。

なぜだろうか?ひとつ考えられるのは、インプットとアウトプットの量だ。学生時代はやはり知識のインプットが多く、アウトプットは論文くらいだった。だから、アウトプットの機会に飢えていて、ブログに走る。一方、働いているとアウトプットばかりになってしまうので、アウトプットとみなせるブログの記事はその数が減っていくというわけだ。

| 独り言 | 00時18分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |