このボックスだけ工事中

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友人からのイベント情報

皆さんお久しぶりです。ほぼ半年ぶりです。近々、コロンビアブログとこのブログをまとめようと思っています。

今回は友人からいただいたイベント情報の紹介です。スピーカーの方に人生最大規模の影響を受けたという友人が複数います。私も参加したいところですが、アメリカにいるので残念・・・。参加する方、どなたかコメント欄でどうだったかなど教えていただけると嬉しいです。

(以下、転送歓迎)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ロシナンテス東京講演会
「スーダン・東日本大震災 ~光を求め続けて~」
6月4日(土)13:00~
武田先端知ビル・武田ホール@東京大学浅野キャンパス

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

6月4日(土)に、アフリカ・スーダン、及び宮城県名取市・岩沼市で活動する、
NPO法人ロシナンテス代表理事 川原尚行の東京講演会を開催いたします。

外務省の医務官として赴任したスーダン、続く内戦で厳しい生活をしいられる人々を見て、
医師として何かできないかと外務省を退職し、NPO法人ロシナンテスを設立、家族を日本
に残して、スーダンでNGOとして活動を始めました。
その活動は医療にとどまらず、現在では、学校・教育事業、水・衛生事業、交流事業、
スポーツ事業と幅広い分野にわたって総合的に取り組んでいます。

また、本年3月11日の東日本大震災に際し偶然東京に一時帰国していた川原は、
そのまま被災地に向かい、名取市・岩沼市において医療支援活動を開始しました。
医療活動は地元の医療機関に引き継ぎましたが、被災民の依頼もあり、仮設住宅内の
健康管理を行っています。
また、子供たちをの勉強を補助やスポーツ活動などを行う寺小屋事業、そして造園業者と
協同してのガレキ撤去、ドロ除去などの支援活動を行っています。

その精力的な活動は、日本の多くのメディアにも取り上げられてきました。
最近では、日本テレビ「行列のできる法律相談所」や「深イイ話」で、ロシナンテスと
川原尚行の活動が1時間の特集で紹介されました。

今回の東京講演会では、スーダン・東北でのロシナンテスの最近の取り組みや、
川原尚行がスーダン・および東北での暮らしで見つけた、苦境の中の人々の輝きに
焦点をあてて、「スーダン・東日本大震災 ~光を求め続けて~」というテーマ
のもとお話しします。


●時間:6月4日(土)13:00~ (受付 12:30~)
 ※13時には講演会が開始しますので、お時間に余裕を持って会場へお越し下さい。

●会場:武田先端知ビル・武田ホール(東京大学浅野キャンパス)
東京メトロ千代田線 根津駅下車(1番出口)徒歩5分
東京メトロ南北線 東大前駅下車(1番出口)徒歩10分
http://www.vdec.u-tokyo.ac.jp/Guide/access.html

●参加費:無料

●定員:339名

●プログラム
12:30 受付開始
13:00 開会
13:05 講演:「スーダン・東日本大震災 ~光を求め続けて~」
14:30 閉会


【プロフィール】

■川原尚行(NPO法人ロシナンテス・代表理事)
1965年福岡県北九州市に生まれる。
高校、大学時代はラグビーに没頭し、主将を務める。
医学の道を志し、九州大学医学部へ進学。
1998年外務省入省、在タンザニア日本国大使館医務官として赴任。
2002年在スーダン日本国大使館へ医務官として赴任し
スーダンの現状を目の当たりにする。
2005年1月外務省退職を決意し、同年4月よりスーダンにて医療活動を開始。
2007年にはスーダン ガダーレフ州シェリフ・ハサバッラ村に診療所を開設。
2010年3月より、宮城県名取市・岩沼市にて、医療支援・瓦礫撤去作業を開始。
現在はスーダンと宮城県を往復し、両地域の復興に向けて尽力している。

NPO法人ロシナンテス
http://www.rocinantes.org/


●●●お申し込み●●●
https://ss1.coressl.jp/kokucheese.com/event/entry/11891/
(お申込フォームより送信してください)

*本講演会は事前にお申込が必要となります。
定員になり次第、お申込を締め切らせて頂きますのでお早めにお申込ください。

[お問い合わせ]
東京大学国際交流機構(UT-IRIS) 担当:宮内
y.miyauchi@ut-iris.org
http://ut-iris.org/
スポンサーサイト

| セミナー | 17時08分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【質問回答】大学生からのキャリアの質問

遠い昔にある大学生から掲示板に質問を戴いていたのですが、最近までどたばたしていたので、今頃回答してしまいました。スミマセン・・・。まだ見てくれていたらいいのですが・・・



----------------
はじめまして。
masahさんの大学時代ご友人だった方から当サイトをご紹介いただきました。このような質問掲示板がありとても嬉しく思います。

私は現在大学3年生で将来国際協力に携わりたいと思っております。そのため最近になって、イギリスの大学院で開発学を学びに行こうと決心しました。

将来やりたい事は、まだ漠然としていますが、開発学の専門性を生かしてODAのプロジェクトを実行するまでの橋渡しができるようなお仕事をしたいと考えています。政府機関(jicaなど)が理想ですが、専門性を行かせる民間コンサルなどの一般企業も視野にいれています。

私の理想のビジョンは
大学院で専門性→NGO/協力隊/民間コンサルなどで実務経験→政府機関や企業で専門性を生かして働く
というものです。しかしあくまで理想でまだまだわかないことだらけです。
特にこの政府機関などは狭き門だと思いますし、父もせっかく院までいかせて将来はどうなるのかわからないようでは不安なようで、もしよろしければ知っていることをお聞きしたいです。

また、在学中や院で就学中にもできる現場経験や社会経験としてなにかおすすめするものはありますでしょうか。

よろしくお願いいたします。
---------------

その後色々とやりとりがあって、下記のように回答しました。

詳しい内容はこちら


--------------------------
よくお調べになっているようで、この調子でどんどん、開発分野ではどういった仕事があるのか、開発分野の人はどういった生活を送っているのか、本や雑誌、ウェブ、生身の人から情報を集めていくといいかと思います。

最初に、質問にお答えしますね。

>大学院で専門性→NGO/協力隊/民間コンサルなどで実務経験→政府機関や企業で専門性を生かして働く
というものです。

→とてもいいと思います!

>待遇はよく女性にとって働きやすく長く続けていける安定した職場だと思い魅力的です。(これはjica以外の政府機関にもいえると思います)

→おっしゃるように、安定している職は、やはり国内の政府機関です。その中で、さらに国際開発の仕事を専門的にできるのは、JICA・JBIC・外務省・JETRO・財団位だと思います。ただ、競争は激しいですが、本気で準備して受ければ合格しますので、頑張ってください!

あと国際機関でも早めにキャリアをスタートして早めにポストを確保すれば、国内機関よりも、キャリアとプライベートライフを両立できやすいと個人的には思っています。


>また、在学中や院で就学中にもできる現場経験や社会経験としてなにかおすすめするものはありますでしょうか。

→第二外国語のマスター、数ヶ月でもいいので途上国に住んで何かしてみる、あと仰っているように、NGOのボランティアでもいいと思います。



あと、いくつか論点があるので、分けてお答えしますね。


1.開発の世界で正解というキャリアパスはない
というと途方にくれるかもしれませんが、裏をかえせば自分勝手に形成できます。

また、新卒を逃したらアウトみたいな日本の訳の分からない就職活動とは違って、能力と想いがあれば何歳からでもスタートできます(ただし若い頃にスタートしたほうが断然有利)。


2.将来どうなるか分からない、という不安はなくならない
究極的に言えば、これはずっとなくなりません。日本での就職でもそれは言えますし、海外であれば終身雇用ではないのでより不確実性(リスク)は大きくなります。

転職を重ねていけるかどうか、留学後に政府機関に入れるかどうか、結婚して安定した生活を送れるかどうか、そんななことは誰にも分かりません。

ただ、それを「つらい」と捉えるかどうかは人によります。20年先の見通しのつく「安定」した生活を、「素晴らしい」と捉える人もいれば、「退屈」と感じる人もいます。私は、後者でした。

ケーキに好みがあるように、生き方にも好みがあります。(だから、一様に「若者は海外へ!」と念仏のように唱えるのは、意味がないと思っています。)先の読みにくい生き方が好きなら、そんな生き方をするのがいいかと思います。

(分かりやすくするために、極論で書きますが)若い頃に付けた自分の学歴や会社歴で判断されるのではなくて(典型的な日本の安定生活と想定して)、開発の世界は現在の自分の実力で評価されます(特に海外機関では)。ですから、キャリアのために何歳になっても自己研鑽をし道を拓いていく、そんな生き方が求められます。もちろんそれを支えてくれる、パートナーや家族の存在はとてもありがたいです。

これは大変に聞こえるかもしれませんが、こんな刺激的な人生はありません。常に熱意(パッション)を持って成長できる。常に、使命(ミッション)を意識して仕事をする。

親御さんがご心配されるのは、ひょっとするとYukariさんの決意が固まっていないからかもしれません。決意が固まっていれば、家族は理解してくれます。

あと理解してくれないヒトもいるかと思います。例えば、大学院に行って結婚大丈夫なの?とか、女性で院まで良く必要あるの?とか。

それはありがたい意見かもしれませんが、今の自分には必要ないと思ってそんな意見は思い切って切り捨てる勇気も必要です。

大切な事は、自分の内なる声を真摯に聞き、考え、それに素直に生きることではないかと思っています。


2. キャリアとプライベートライフのバランスは人次第(だと思う)
これはとても大切なことだと思います。

おっしゃるとおり難しいです。ただ、「この分野で働く女性で20代の間に↑のようになる方は見たことがないと」言われたようですが、私の周りの国際機関で働く女性でも10人に1人くらいは、20代で結婚しているかと思います。(多分・・・)

また、JICAや国内の政府機関等であればもっとその率は高いと思います。

さらに朗報は、外国人であれば20代で結婚していてキャリアも両立、なんてヒトはゴロゴロたくさんいますので、心配ないです。要は、理解のあるヒトを捕まえられるかどうかです。それは別にこの世界に限ったことではないと個人的には思っています。(まぁでもこの辺はより詳しい女性に聞いたほうがいいかもしれません)

また何かあれば連絡下さい。

-----------------------------------

免責事項:ちなみに私は経験が1年の駆け出しですので、より洞察に満ちた意見は経験豊富な方に聞いてください。

| キャリア | 23時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【書籍紹介】石油を読む-日経文庫-

久しぶりに本の紹介です。仕事ではエネルギーはメインではないですが、時々話に出てくるので勉強しておこうと思って軽い入門書として読みました。

ちなみに、今回は紹介というよりはメモになっています・・・。あと、今回はじめてイメージ写真を挿入してみました^^

石油を読む―地政学的発想を超えて (日経文庫)石油を読む―地政学的発想を超えて (日経文庫)
(2007/02)
藤 和彦

商品詳細を見る


本書は通商産業省・資源エネルギー庁などを経て内閣官房に勤める官僚が記した著作です。

最初に、一般的に言われている、石油市場の復習から始まります。中東やロシアや南米での石油情勢、商品ファンドが2008年10月まで続いた原油価格の高騰の背景にあるという指摘を述べます。

次に、伝統的な地政学の視点に基づいて石油を読んでいきます。中国の石油囲い込み外交に関して、新しい視点を提供します。国際石油市場で確保できるにもかかわらず二国間外交で石油を確保する理由を考察し、中国は欧米企業が主導する国際石油市場を警戒している点、2国間外交を通じて相手国への影響力の行使しようとしている点を指摘しています。一方で、利益確保面で疑問視される油田もあると述べています。

私個人的には、第3章が新しい視点の様に感じました。経済学の視点と工学の視点から
国際石油市場の性質を紐ほどいていきます。

巨額の投資を必要とするという性質。
油田採掘作業は巨額の投資を必要とし、また掘ったらでるかどうかという保証もないので投資リスクも高い。例えば、油田発見のためだけで数百億円かかるそうです。さらに発見した油田の開発に100億円から1000億円がかかるそうです。石油価格の低下は投資の低下を産み、投資の低下は生産能力の低下を呼び、数年遅れで石油供給の低下をまねくことになる。
タンカー

流動性が高いという性質。
輸送コストが非常に低く(原油価格の5%以下)、結果、タンカーで世界中に運ぶことができて、世界中どこでも同じ価格で、市場の再分配機能を有している。したがって、ある地域での石油の供給が不足したとしても、他地域からの石油の供給量があがる。ちなみに、天然ガスは石油と比較して輸送コストが高いので、世界単一市場ではなく、地域によって価格が異なるそうです。

プライスリーダーがいないという性質。メジャーとかOPECとかに石油市場は支配されていると思っていたので、これは意外でした。OPECもメジャーもプライスを支配できるシェアを有していないそうです。


価格の需要弾力性が小さいという性質。
価格の変動に対して、需要は変化しにくい。ということは、価格が上がったとしても需要は減らないので、結果投資額が増える。一方、価格が下がったとしても、需要は増えないので、生産者は収益を確保するために増産し、さらに価格の暴落を招く。また、初期投資額の巨額のため価格の下がったからと言って、生産減少のインセンティブは働きにくく、生産を続け、価格の減少に追い打ちをかける。

埋蔵量の把握が難しいという性質。
そもそも埋蔵量は一つ一つ油田を調査しなければならないが、それは先程述べたように巨額な投資が必要。また可採年数は、新規に発見された油田の埋蔵量+今までに発見されている油田の埋蔵量-消費量、だから、発見される埋蔵量が消費量を超えれば、可採年数は増えることになる。

確認可採埋蔵量とは、存在する確率が90%以上で、価格や技術、産油国の税制等の条件で、商業的に採掘が可能な油田の埋蔵量。もちろん、70%のものやそれ以下のものもある。

結論として、石油市場は、中長期的な予測は難しく、政策提言としてリスク分散の重要性を説いています。つまり、輸入地域、輸送手段、資源そのものを分散させることです。本書は、石油の代替商品として天然ガスを挙げています。

| 書籍紹介 | 23時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際機関の限界とその他のセクターと大切なこと(と私が思うこと)

途上国開発に対して、国際機関ができることは限られています。万能な機関なんてそもそもあるはずがないです。

国際機関は欠点もたくさんあります。メディアを通じて、官僚主義、前例踏襲主義、無駄な経費など、たくさん弊害があると聞いています。

また、同じように企業やNGO、途上国政府ができることも限られています。BOPが全ての問題を解決するはずもありません。

それは、日本政府が日本社会にできることは限られていていること、企業だけでも日本社会が豊かにならないことを考えるならば、当然です。

大切な事は、

全てのセクターを健全に発展させること、
現地の人たちの意思決定を尊重すること、
イニシアティブをとれる人をたくさん創ること、


だと私は思います。

これは、途上国でも日本社会でも当てはまることだと思っています。ですので、究極的には、途上国の問題に取り組むことと日本社会の問題に取り組むことは同じだと思っています。

| 独り言 | 00時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世銀奨学金の研修

以前受給していた、世銀奨学金の情報です。フルブライト奨学金は留学前・中研修とかあって、奨学生間の絆も強いのですが、世銀奨学金でもそのような機会が少ないですがあります。

1つ目に、1年に一度ラーニングの機会があります。全米の奨学生100名ほどを世銀本部に集め、確か2泊3日ほどのレクチャーやディスカッションを行ったと記憶しています。

意識の高い学生たちと交流でき、実り多い3日間でした。奨学金を受給しているということから、Sense of Communityみたいなものが醸成された気がします。

2つ目に、修了生にも1、2年後にフォローアップ研修があるようです。今年も募集のお知らせてきていました。


■関連エントリー■
ちなみに昔のブログでの世銀奨学金の情報はこちら
1. 第2巻の中(ウィスコンシン大学留学編)
2. 第3巻の中(コロンビア大学留学編)

| 世銀奨学金 | 15時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実務と研究の両立できる職種ってあるのか

やっぱり物事を知っているだけでは何にもならない気がします。

Mary Beardというイギリスの教授は、Action without study is fatal. Study without action is futile.(学習を伴わない行動は致命的である。行動を伴わない学習は無益である)と言ったそうですが、本当にそうだなと思います。

私は、知識だけだと面白いとは全く思わないし、正直虚しく感じることすらあります。だから、大学では理論よりも応用に近い分野を専攻しました。今の働いている組織も、行動だけはなく研究や「学習」も強いと見なされている組織です。

ただ、それでも職種で制限されてきます。いくら「アクション」を伴なう実務組織に居ても、職種によっては完璧に「机上の空論」みたいなことをやったりもするわけです。それにちょっと疑問を覚える自分がいることも確かです。

ひとりの人間が両方やるのって難しいのだろうかと思う今日この頃です。

| 独り言 | 01時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際機関の若手スタッフに求められること

ずいぶん前にDCの国際機関キャリア相談会に参加しました。その時にIFCのシニアの方が、国際機関で成功するのに求められる能力ということにコメントをしていました。

若手と中堅に分けてアドバイスを下さいました。

日本だと何なのでしょうか?若手だと、「ホウ・レン・ソウの徹底」とか「細部へのこだわり」とかになるのでしょうか。ちなみに、私も短かったですが日本の会社に在籍していた時には、その辺を徹底的に教え込まれました・・・

で、ちなみに今回挙げられた能力は、

若手だと、

「仕事が早い」、「仕事が丁寧」、「仕事が独創的」


でした。

中堅に対しては、

「経験を積む」(恐らく現場の経験や、マネジメントの経験、等色々を指すのではないかと思います)、「Networkを通じて解決策を考える」

でした。

日本のそれと共通している項目もありますが、面白いなぁと思ったのは、若手への「仕事が独創的」という点と、中堅に対しての解決をするのに「ネットワークを活用すべき」、という点があげられたことです。

なぜ独創的な仕事ができることが評価につながるのかということを、短い間ですが働いてきた期間を振り返ってみると、うちの組織だと前例も大切だけれども、それ以上にプロジェクトがいかに革新的(Innovative)であるかという点が評価される面があることからではないかと思います。

一方で、中堅層はネットワークを活用すべきというアドバイスは、欧米型組織では、知り合い同士が助けあうというか、インフォーマルな関係から仕事をするというか、そういういった面が強いからではないかと思います。その辺をうまく表現できないのですが・・・

なにはともあれ、上記の3点を心がけて仕事をしていきたいと思います。

| 働き方 | 20時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/10のツイートまとめ

SusDev_Update

プサンで開かれていたIPBES(生物多様性と生態系サービスに関する科学-政策政府間プラットフォーム)に関する協議で、生物多様性版IPCCとも呼ばれるIPBESの設立を勧告。機能は世界、地域、サブ地域レベルでの政策立案情報を盛り込むこと等。http://bit.ly/c4EWLs
08-10 14:50

| 未分類 | 07時54分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。